修行(?)

HALI’Sのスイーツボックス、
ガラスのケーキを体験教室でお作りいただけます。

ケーキの材料(ガラスのカレット)もオリジナルで作っております。
オリジナルのレシピで、パート・ド・ヴェールの板を焼いて、
それを細かく砕いて作っております。

ガラスは硬いので、電気炉で熱上げをしたものを
急激に水冷してヒビを入れて砕きます。

本日の修行は、そのケーキの材料(ガラスのカレット)
厚さ10㎜のパート・ド・ヴェールの板を切る。
ダイヤのカッターでスコアを入れて、
机の上で、手でばん!と割る!
これが、やっぱり割れない。
マスターの由水先生が言うに、力ではなく、気であるらしいですが、
やっぱり割れません。

泉澤、しばらく修行中。

割れないので、由水先生が片っ端から気で割ってくれました。。。

手でガラスを割れるまで、スタッフの修行は続く。。。


水揚げしたガラス。
マンゴーと、フィグです、
美味しそう。

金井


金曜日。夕方。

もうすぐ日も暮れます。
講座がない日はいろいろとやらなければならないこと山積みで、
終日忙しくしているうちに、一日が終わるのがあっという間に思えます。

そして、夕方、急ぎのあれこれを終えて、
今日はスタッフも自分の作品の制作のひとときを持ってます。
工房の仕事では、効率よく、時間を意識してテンポ早く・・・と心がけますが、
制作の時間は、静かに自分と向き合います。

大作に挑戦していた泉澤が、今日やっと石膏型を完成させて、
ガラスを詰めました。
これから窯入れ、
プログラムを考える真剣な後ろ姿です。


型が大きいので、ガラスを詰めてしまうと重くて窯に入れられなくなります。
電気炉に石膏を入れてから、ガラスを詰めています。


頑張って作っている姿をずっと見てきた私は、
どうか無事に焼き上がりますように・・・と祈る気持ちですが、
ガラスは魔物でもあり、窯が開くまで、石膏から掘り出すまで、
どうなるのか分からない。
その厳しさが、また、作ることの魅力だったりしますけれど。

由水先生も制作中。

工房は無言。
静かに暮れてゆく、金曜日の夕方です。

金井


それからあれがどうなったかというと。

あれ、というのは、あれです。
ガラスで作るイカ釣りのルアー。

過去の記事で、不思議なお仕事・・・の話をしましたが、
それからあれがどうなったかといいますと、
先週土曜日の講座の時間に、完成いたしました!

はい、これが加工中で、

脱型したばかり。

そしてこれが完成品です。

加工しました。
完成!

そして、このパート・ド・ヴェールのイカ釣りのルアーはいったいどうなるのでしょうか。
これは、また続きのお話で。

写真がヘタでごめんなさい。

金井


今年もよろしくお願いします。

2018年、明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
心より御礼を申し上げます。
本年もHALI’Sは、積み重ねてきたことを大切に、そして新しい挑戦をしながら、
よりよいキルンワークのスタジオを目指していきたいと思います。

本日から、新年の営業を開始致しました。
今年も、たくさん、素敵なガラスが生まれますように。
パート・ド・ヴェールの可能性が、さらに広がっていきますように。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

新年。講座開始を待つ風景です。

 


お礼のご挨拶

11月30日~12月6日にかけてギャラリー田中様で開催致しました「由水直樹 パート・ド・ヴェール展」無事終了致しました。
お越し下さいました皆様、誠に有難う御座いました。
多くの方々がお越し下さいまして盛況な展覧会となりました事、厚く御礼申し上げます。

まだまだ至らない事ばかりで御座いますが、これからもどうぞ宜しくお付き合いください。
今後ともご指導ご鞭撻の程、お願い申し上げます。

由水直樹


フルーツ

こんにちは、金井です。
工房が忙しいので、本日も講座日にお仕事中です。
講座で、皆さんがいろいろなガラスを作っているのを見られるのは、とても刺激的。

Oさん、由水先生に新作制作の手順について相談中。

新作とは・・・?と尋ねてみたところ、
これでした。

パート・ド・ヴェールのフルーツ、どんな形の、何になるのか、俄然興味しんしんな私。
今年の6月に鎌倉で「玻璃展2017」という展覧会があって、
Oさんも参加されておられましたが、
そのときのスイカのお皿が、私とっても好きでした。

更なるフルーツシリーズ、どう展開するのか?!
楽しみでたまらない〜!


今日の講座

こんにちは、金井です。
いつもは裏のほうで仕事しておりますが、今日は久しぶりに講座に出ました。
雨の土曜日ですが、活気がありますね!
講座で作られるいろいろなガラスを見ているとワクワクいたします。

午前中の講座、完成品がありました。
パート・ド・ヴェールは製作工程が長いので、
講座で完成した作品を見られる機会はとても嬉しいです。

綺麗な器と、

椿の帯留め。

素敵です!

 

 

帯留めを作られているNさん、次の作品の帯留めも、
今日石膏から取り出しました。

これを、これから加工をして、
磨いていって、椿の作品のように艶やかになります。
完成するのがとても楽しみです。


引き続き追い込み中

月末の展覧会に向けて続々と制作中!

パート・ド・ヴェールのガラスの美味しそうなジュレ。
ペーパーウェイトでも、デザートに添えるフォークレストでも。
お好きな様に使っていただけます。
綺麗な色と、透明感を、
ぜひ展覧会でお手に取ってご覧下さい。


【由水直樹 パート・ド・ヴェール展】

会期:2017年11月30日(木)~12月6日(水)会期中無休
会場:ギャラリー田中 東京都中央区銀座7-2-22 同和ビル1F


絶賛追い込み中!

月末の個展に向け、由水先生の焼成ラッシュが始まっています!
型がずらっと並ぶとちょっとワクワクします。。。!
初冬のガラスを是非お楽しみ下さい♪

【由水直樹 パート・ド・ヴェール展】
会期:2017年11月30日(木)~12月6日(水)会期中無休
会場:ギャラリー田中 東京都中央区銀座7-2-22 同和ビル1F


脱型しました

とんでもなくお久しぶりです、金井です。
今日は講座が開講されておりませんが、裏方でお仕事しておるのです。

仕事の傍らに自らの制作もぼちぼち進めておりますが、
今朝、プレス型のおちょこを脱型しました。
この形、今まで何個も焼いておりますが、
思い起こすと、最初の頃何個失敗したことか・・・
ガラス量、ガラスの詰め方、色の選び方などなど、なにかしらの原因で、
口元の巨大な泡切れとか、胴の部分にガラスが入らなかったり、
20個近く失敗したのでは???
パート・ド・ヴェールなんて嫌い(涙)とやさぐれながら、
何度も試して。やっと成功するようになりました。
今日もドキドキしながら脱型して、ガラスがちゃんと入っていたのでほっと一安心。
これから加工をしていきましょう。

バリがあるけど失礼。
石膏から生まれたてほやほやです。


全国のレジャー・遊び・観光情報が満載。 ASOViEW!(あそびゅー!)