和食を魅せる“うつわ”とはりねずみ


こんにちは。

本日講座生Iさんの作品が窯出しされました。
パート・ド・ヴェールに専念され、10年になる大ベテランのお方です。

そしてその作品はこちら、、、

魯山人の作品に着想を得て、和食の色彩を引き立たせる“うつわ”を制作しました。

ガラス食器というと、透明、冷たい、夏のイメージですが、、、
パート・ド・ヴェール技法のうつわは季節問わず、和食にとても適しているのです。

ガラスのしっとりとしたの質感は 食材の艶やかさをより魅せます。
自分で制作したうつわに最も見合う食材を仕込み、調理し盛り付ける。そして味わう。。。
一連の行為がとても創造的で心が豊かになりますね。

「うつわをつくる」とはまさにこの事なんだな、と、静かに思いました。
講座生の皆さんの制作をみることで、心の導線に触れることが多くあります。

そしてガラスだけでなく、、、

こちらの素敵な作品も講座生 Hさんの作品です。

フェルトの作品です。

ハリーズのマスコットキャラクターのはりねずみ
なんとも可愛らしいですね。
全体の色味を明るく仕上げるために細部までに意識を集中させたのことです。

ハリネズミも様々な色味を調和させ柔和な雰囲気に。
優しい丁寧な手仕事をする Hさんならではの作品です。

いつも素敵な作品をありがとうございます。

泉澤


コメントは受け付けていません。

全国のレジャー・遊び・観光情報が満載。 ASOViEW!(あそびゅー!)